波照間島の共同売店   更新 2013.11.23


 波照間島にはスーパーもコンビニストアーもありません。 生活に最低限必要な日用雑貨や食料品などを売っている共同売店が5店と個人商店が数店あるだけです。
 「共同売店」は60年以上も前から地域集落の方々が共同出資で立ち上げられ、仕入れ・販売・利益分配・アルバイト管理など、全て集落の方々で運営されている商店で、いわば生協の様なもので各集落に1軒あります。
 具体的には、南共同売店(南集落)、冨嘉売店(冨嘉集落)、名石売店(名石集落)、まるま売店(前集落)、丸友売店(北集落)の5つの共同売店があり、中でも南共同売店は日本で一番南にあるお店となっています。

 どこの共同売店も朝は7時過ぎから開いていますが、名石売店以外の店は、お昼の12時から午後3時頃までは閉まっています。 これは暑い昼間は休むという習慣、いわばシエスタで、これを知らないと店に行っても何も買えないことになります。 このため、買い物をするならばこの時間帯を外すか、名石売店に行くしかないことを知っておくといいでしょう。 但し、自販機は常時使えますので、飲み物はいつでも手に入ります。

 夜は21:00頃まで開いている店もありますが、20:00頃には閉まっている売店も多いので、必要な物があれば、早めに買っておくとよいでしょう。
 共同売店で売っている品物の種類は少なく、一般的なコンビニの方がはるかに種類が多いかと思います。 食料品(生鮮食料品もありますが、大半は保存のきく冷凍物、インスタント物、乾物、調味料、缶詰の類の物)とその他の生活必需品(衣類・履き物などの日用雑貨)が少しと、文具・釣り具などがほんの少しある程度です。 このため、もしも旅先で必要な物があれば、予め石垣島で購入され島に渡られることをお勧めします。 なお、波照間島ですから運が良ければ幻の泡盛とも言われる"泡波"が入手できるかもしれません。 (100ccのミニチュア瓶は割と手に入れやすいのですが、600cc瓶や一升瓶は波照間酒造からの入荷タイミングが合わないとなかなか入手困難です。)

 なお、どの売店の前にもたいていベンチとテーブルが置いてあり、ひと休みできるようになっています。集落住民の生活の拠点のひとつとなっていることがうかがわれます。
 共同売店を利用する時は、お店が営利目的の商店ではなく島民の日常生活の大切な拠点となっていることを頭の中に留め、控えめな買い物をするように心掛けたいものです。

「共同売店」および「その他の商店」の地図

1.各共同売店の紹介

(1)名石共同売店 (名石集落売店)
 波照間島のほぼ真ん中(中心部)にあるのがこの名石共同売店です。
 公民館の横にあり、観光客にもよく利用されていて、共同売店のなかでも人の出入りの最も多い売店です。
 また、島の売店の中でも、一番品数が豊富で、島内の売店のうち、唯一シエスタを取らず終日営業しています。

  営業時間:7:00〜21:00
 
(2)南共同売店 (南集落売店)
 南集落にあるのがこの共同売店で、取り扱っている品数はそれほど多くはありせん。
 島で一番古い、静かな店と言ってよいでしょう。
 勝連荘の前にある売店で、美波、けだもと荘、ククルカフェも近くにあります。
 なお、ここ南共同売店と、冨嘉共同売店は、部落会館(集落の集会所)を併設しています。
 また、ここは日本最南端のお店です。

  営業時間:7:00〜12:00
        15:00〜20:30
 
(3)丸友売店 (北集落売店)
 島の一番東側の北集落にある共同売店です。
 2008年9月現在同敷地内に立て替えが完了しました。
 売っている品物の数は多くはありませんが、波照間に来たと言う感じのする売店です。
 Nami、照島荘に近く、「丸友売店(北農友共同組合)」の名を持つ島で一番古い売店です。1952(昭和27年)に組織化され誕生しました。

  営業時間:7:30〜12:00
        15:00〜20:30
 
(4)冨嘉売店 (冨嘉集落売店)
 島の一番西側の冨嘉集落にある共同売店で、品数は名石商店と同じくらい多く置いてあります。
 青空食堂の近くで、お酒も扱っています。 たましろ、やどかりから割と近い場所にあります。
 なお、南集落売店とここ冨嘉集落売店は、部落会館(集落の集会所)を併設しています。

  営業時間:7:00〜12:00
        15:00〜20:30
 
(5)まるま売店 (前集落売店)
 こちらも島の中心部にほど近い前集落にある共同売店で、公民館から少し南にありますが、ちょっと見つけにくいかもしれません。
 前集落売店は、「まるま売店」の名を持ちます。

  営業時間:7:00〜12:00
        15:00〜20:30
 

2.【参考】 その他の商店

(1)あだん
 港のターミナル内の食堂、海畑(イーノー)に併設しているお店です。
 お土産物をメインに置いていて、マース(塩)と米入りお守りが人気です。また、抱き合わせですが泡波も高確率で入手できるかと思います。但し、お値段は少しお高くなります。
 お店は高速船の発着に合わせて開けられています。

  営業時間:9:00〜17:30?
 
(2)仲底商店
 島の中心部、公民館前にある民宿「星空荘」と同じ建物内にあるのがこの売店。隣が食堂「たかな」です。
 お土産も手作りものが中心でストラップやTシャツ、波照間島の絵はがきがあります。暑い時は手作りの泡波(泡盛)アイスがお勧めです。勿論、アルコールが入っています。

  営業時間:8:30〜13:00
        16:00〜19:00
  無休
   
(3)もんぱの木
 波照間島で唯一といってもよいお土産屋さんです。波照間島オリジナルのTシャツや絵葉書、ステッカー、手作りアクセサリーなど各種の商品がありますので、時間に余裕があれば是非立ち寄られるといいかと思います。お店はニシ浜から冨嘉集落へと向かう坂道の途中(みんぴかの隣)にあります。

  TEL 0980−85−8354
  営業時間:9:00〜13:00
        15:00〜日没まで
  不定休
  

 Page Topへ戻る   八重山の共同売店 に戻る   八重山豆辞典 に戻る    HOME へ戻る


Copyright (c) 2008.8 yaeyama-zephyr

写真の無断転載・使用を禁じます。利用等をご希望される場合はメールでご連絡下さい。