石垣島のビーチ  更新 2016.10.08

今回はNo.14の追加を行いました。

T.石垣島のビーチ

No. 名  称 No. 名  称
真栄里ビーチ フサキビーチ
御神崎北の浜 (崎枝海岸) 底地ビーチ
川平タバガー ピゲカゲ浜
米原ビーチ 野底海岸
ナータビーチ (長田浜・伊原間海岸) 10 明石海岸
11 サンセットビーチ 12 平野海岸
13 白保海岸 14 南ぬ浜町ビーチ

U.石垣島の地図


V.各ビーチの紹介

1.真栄里ビーチ

石垣市が整備し、石垣全日空ホテルが管理するビーチ。石垣全日空ホテルのビーチとして知られていますが、 ビーチとシャワー・更衣室などの施設は、一般市民にも開放されています。

市街地から近いため、多くの市民も利用しています。海水浴はできますがシュノーケリングには向いていないかと思われます。
 

2.フサキビーチ

フサキリゾートヴィレッジのすぐ後ろにあり、宿泊客でなくても利用可能です。クラゲが出る期間中はネットも張られ安心して泳げます。 ビーチの左側には美しい桟橋があり、小浜島や西表島の向こうに沈む夕日はとても美しいです。駐車場・シャワー完備。
 

3.御神崎北の浜(崎枝海岸)

晴れた日には東の方向に底地ビーチが見えます。浜の砂はとても美しいです。
 

4.底地ビーチ

日本一速い海開き(八重山の海開き)が、何年かに一度開催されることで有名な石垣島を代表するビーチです。
浜は遠浅で波も穏やかなので安心して遊べるビーチです。
但し、夏場はハブクラゲの多発地帯でもあり、海水浴は防護ネットの中だけに限定されます。ビーチの手前は公園になっていて、更衣室、シャワー、トイレが完備されています。また広い駐車場(約50台:無料)もあります。
 

5.川平タバガー

川平湾からシーサイドホテルへ行く途中の脇道を右に入り、未舗装の道をしばらく行って辿り着けるビーチです。これは西側方向の眺め。  ここは、地元では「撮影場」という愛称で親しまれています。遠浅のビーチはとても広くて穏やかです。
  東側(川平集落)方向の眺め。 
 

6.ピゲカゲ浜

石垣島西部の吉原海岸にあるのがピゲカゲ浜です。吉原の集落から草道を下りたところにある白砂の美しいビーチです。 県道79号線から浜への下り口の一つです。
 

7.米原ビーチ

発達したサンゴ礁と白い砂浜が美しい所です。遠浅のビーチは、家族連れも含めて気軽に遊ぶことができます。スノーケリングに適したビーチです。 ビーチそばのテリハボクやモクマオウの林の中に、市営のキャンプ場(駐車場・売店トイレ・シャワー完備)もあります。
 

8.野底海岸
 
西浜川の南側の小道を海岸方向に辿って行くと浜に出ることができます。
これは西側方向の眺め。
ここはウミショウブの生育地の一つです。ウミショウブは、雄花が海面上を漂って雌花の元にたどりついて受粉する植物として知られています。
  これは東側方向の眺め。 
 

9.ナータビーチ(長田浜・伊原間海岸)

玉取展望台の下あたりから伊原間集落までの約1.5kmの砂浜が広がっています。 道路からは防砂林でビーチの姿は眺められませんが、カフェの駐車場を横切った先にビーチへの入口があり、林の中の道を歩いて行くと辿りつけます。
 

10.明石海岸

明石集落の一番海に近い通りを辿って行くと駐車場があり、そこから海へと足を運ぶとビーチに出られます。遠浅で、自然そのままのビーチです。散歩したりのんびり過ごすのに良いでしょう。(下の上側の写真はパラグライダーテイクオフ地からのものです。) かなり広いビーチなので込むこともなく、とてものんびりできると思います。遠浅でリーフまでも遠いので泳ぐのはなかなか大変かもしれません。(写真は浜への出口)
[浜の北側]  [浜の南側]
   
11.サンセットビーチ

平久保半島の北西海岸・久宇良にある美しいビーチです。他のビーチと違って駐車場は有料です。営業は6/15〜9/30。 波も穏やかで海水浴に向いています。クラゲが出る時期にはネットが張られます。
 

12.平野海岸
 
石垣島最北端の、平野集落の北側にある浜です。
これは浜に下りる道からの眺め。
訪れる人も少なく、静かに過ごすことができます。
西側方向の眺めです。
  東側方向の眺めです。 
 

13.白保海岸

ビーチ自体はそれほど美しいビーチではないのですが、海中のアオサンゴは大変素晴らしく一見の価値ありです。 ここではこれを目的にグラスボートやシュノーケリングツアーも出ています。フリーで泳ぐことも出来ますが、アオサンゴのあるポイントはかなり沖にあるので、これらを利用することをお勧めします。
[アオサンゴ 1]  [アオサンゴ 2]  
  

14.南ぬ浜町ビーチ

「サザンゲートブリッジ」を渡った先の南ぬ浜町(新港地区)で、石垣市が整備を進めている人工ビーチです。写真中央の建物は管理施設です。手前には無料駐車場があります。 石垣島の中心街から歩いても行ける、とても近距離にあるビーチです。
人工ビーチは、延長約1kmの整備計画のようです。
なお、砂は島外から運び込まれたものだそうです。
   2016年7月から供用開始されています。
天気の良くない時の写真ですが、晴天の日であれば雰囲気も随分と変わるかと思います。
   
 

 Page Topへ戻る   八重山のビーチ に戻る   八重山豆辞典 に戻る    HOME へ戻る


Copyright (c) 2008.8 yaeyama-zephyr

写真の無断転載・使用を禁じます。利用等をご希望される場合はメールでご連絡下さい。