竹富島重要伝統的建造物群保存地区  作成 2012.10.06 

 伝統的建造物群保存地区とは、日本の文化財保護法に規定する文化財種別のひとつで、城下町・宿場町・門前町・寺内町・港町・農村・漁村などの伝統的建造物群、およびこれと一体をなして歴史的風致を形成している環境を保存するために、市町村が都市計画または条例などにより定めた地区を指します。

 この市町村が定めた伝統的建造物群保存地区のうち、文化財保護法第144条の規定に基づき、特に価値が高いものとして国(文部科学大臣)が選定したものが重要伝統的建造物群保存地区です。 そして、国は、市町村の保存事業への財政的援助や技術的指導を行っています。 略称は重伝建地区(じゅうでんけんちく)、重伝建(じゅうでんけん)です。

 この制度は、昭和50年の文化財保護法の改正によって発足しましたが、これにより全国各地に残る歴史的な集落、町並みの保存が図られるようになりました。[*1]
 2012年(平成24年)7月現在、伝統的建造物群保存地区は、全国で41道府県81市町村の98地区が選定されています。

[*1] この制度は、文化財としての建造物を「単体」ではなく「群」で保存しようとするもので、保存地区内では社寺・民家・蔵などの「建築物」は勿論、門・土塀・石垣・水路・墓・石塔・石仏・燈籠などの「工作物」、庭園・生垣・樹木・水路などの「環境物件」を特定し保存措置を図ることとされています。

 竹富島は、島の「農村集落」がよく保存されていることから、1987年(昭和62年)4月28日に、国より重要伝統的建造物群保存地区の指定を受けました。 指定面積は38.3haとなっています。 島のほぼ中央部にある玻座間・東、玻座間・西、仲筋の3集落は、かつての農村集落の景観をよくとどめています。

 【竹富島の集落景観の特徴】

(1) 赤瓦の屋根と、強風により瓦が飛ばされるのを防止するために塗り固められた白い漆喰。それらによる紅白のコントラストの美しい方形屋根の連続。屋根の上のシーサー。
(2) 屋敷を強風から守るために四方を囲むグック(石垣:珊瑚の石積み)。グックの高さは約1.5mで、ちょうど歩く人の目線を遮る高さに構築。玄関部分には強風防止と、道を歩く人の視線を遮断するためのマヤカシ(ヒンプン)を設置。
(3) 白いサンゴ砂が敷かれた道。白い道の両側でグックにからむように咲き乱れるハイビスカスやブーゲンビリアの花。
(4) 屋敷は琉球王朝の身分制度により、東西、14.5間、南北12.3間(約200坪)の広さに均等に区画。敷地の中心にフーヤ(母屋)を建て、その西隣にトーラ(炊事棟)を設置した「別棟型民家」の様式(火災発生時の延焼防止対策)
1.「なごみの塔」からの重要伝統的建造物群保存地区の風景
 なごみの塔は、玻座間集落(西集落)の赤山丘(高さ約6m)の中央に建てられた、高さ約4.5mの鉄筋コンクリート造の放送台ですが(今では展望台となっています)、ここが竹富島重要伝統的建造物群保存地区を眺めるには最も適しています。
東 2011.11 南東 2011.07
南 2011.07
南 2011.07

南西 2011.07
西 2011.07
北 2010.11 北東 2010.11
なごみの塔(上記の写真は全てこから撮影したものです。) 満開のブーゲンビリアとなごみの塔

2.伝統的な赤瓦の家のつくり
 竹富島の民家は、一般的に赤瓦の屋根、魔よけのシーサー、石灰岩のグック(石垣)、マヤカシ(ヒンプン)、福木の並木、サンゴ砂の道、草花の植込みなどで構成されています。家屋の外観は、木造(貫屋造)・平屋の構造と、琉球赤瓦葺き漆喰塗りまたは茅葺の寄棟屋根、木板張り・木板雨戸の外壁などが特徴となっています。
また家屋は分棟形式になっていて、炊事場は、生活空間であるフーヤ(母屋)とは別に、トーラと呼ばれる別棟となっています。屋敷の周囲の石垣(グック)と同様に、もしも火災が発生した時に火が隣の屋敷に延焼しないためのものだそうです。
いんのた集落内の民家 いんのた集落内の民家 
いんのた集落内の民家 (特徴的なグックと福木) 安里屋クヤマ生誕の地
手作りおかしの店「トーラ」 「トーラ」とは台所の意味。 あいのた集落の旧家で、種子取祭で有名な石垣家(イナシャ)

3.白砂の道
 サンゴの砂を敷き詰めた白い道が竹富島の特徴の一つです。島の人達の手によって、毎朝、竹ぼうきで掃き清められています。これは昔、電灯が無かったときの名残りで、夜でも道が見えるように配慮されたもので、夜行性のハブから身を守る方法ともなっています。サンゴの砂は海岸から定期的に運ばれ、白い道の補修が行なわれています。
民宿「仲盛荘」前の道 (東方向) あいのた集落内の道の一つ (仲盛荘近く、東方向)
集落から東のスンマシャー方向 (北方向) ブーゲンビリアの美しい民宿「泉屋」の前の道
西のスンマシャーの傍から東方向 いつも花いっぱいの民宿「松竹荘」前の道 (西方向)
いんのた集落内の道の一つ 正面は西のスンマシャー いんのた集落内の道の一つ (水牛車の通る道)
 
 Page Topへ戻る  八重山の文化財(建造物) に戻る  ちょっとDeepな旅スポット に戻る  HOME へ戻る   

Copyright (c) 2008.8 yaeyama-zephyr

写真の無断転載・使用を禁じます。利用等をご希望される場合はメールでご連絡下さい。