八重山の猫たち  更新 2016.03.05

 今回は、猫の写真を追加しました。 

 ここでは八重山の島々で出会った猫を紹介しましょう。
 それぞれの島には飼い猫もいれば、野良猫もいます。また、猫の種類も様々です。
 恵まれた環境の下でのびのびと、また、たくましく生きている猫の姿・仕草は本当に心が安らぎます。

 なお、西表島には随分と足を運んでいますがイリオモテヤマネコを実写したことはありません。但し、ここに載せる写真はないものの、イリオモテイエネコやイリオモテカイネコは随分と見ていますよ。

 余談かもしれませんが、竹富町ではイリオモテヤマネコの保護の為、『竹富町ねこ飼養条例』が制定されています。
 
 【西表島だけの特別なルール】

  @ ねこ登録が義務付けられています。
    一頭につき、1,000円登録手数料がかかります。

  A飼い猫を西表島へ連れて行く前に必ず次のことを行わなければなりません。
    ・ウイルス検査
    ・予防接種
    ・マイクロチップの装着
    ・室内で飼育できない場合の避妊や去勢手術
    ※ 飼育頭数には制限があります
  B次の場合は届出が必要です。
    ・飼いねこが死亡したとき
    ・飼いねこを譲渡したとき
    ・転出届をしたとき など

   ※ 竹富町自然環境課へ必ず連絡をして下さい。 TEL 0980−82−6191
 
毛繕いの最中で〜す。
波照間島2010.11.10
雨戸の隙間から外を眺めるニャン
波照間島2010.11.10
  
三毛です。
石垣島2011.11.03
石垣氏邸の石垣上でくつろぐブルーの目のニャン
石垣島2011.11.03
  
波照間島2012.07.10 ずっと後を追いかけてきた人なつっこいニャン
竹富島2013.02.11
  
ちょい警戒ポーズのニャン。尻尾がU字になっています。
石垣島2013.02.12
とあるカフェのとても尻尾が長くて人懐っこいニャン。
黒島2013.04.27
  
なぜかモーゼルワインのラベルを思い出してしまいます。
竹富島2013.04.27
こちらは日光東照宮を思い出します。
竹富島2013.05.02
  
毛繕い中
竹富島2013.05.02
イネ科の草を食べて体調管理
竹富島2013.05.02
  
皆治浜のニャン
竹富島2006.11.03
同、皆治浜のニャン
竹富島2006.11.03
   
ちょっと警戒中
黒島2013.05.02
「まちなか交流館ゆんたく家」のベンチの上のニャン
石垣島2013.07.13
  
あるパイン農家の直営販売所の虎ニャン
石垣島2015.04.29
サザンゲートの先の、通称:猫島のニャンたち
石垣島2015.11.12
  
香箱座りをする猫島のニャン
石垣島2015.11.12
同じく香箱座りをする猫島のニャン
石垣島2015.11.12
    
猫島のキジニャン
石垣島2015.11.12
尻尾で足を囲んだ猫島の三毛ニャン
石垣島2015.11.12
  
伏せをした猫島のニャン
石垣島2015.11.12
真っ黒な毛色の猫島のニャンたち(兄弟?)
石垣島2015.11.12


【付録】

特別天然記念物 イリオモテヤマネコ
西表野生生物保護センターにて
西表野生生物保護センター(IWCC)は、イリオモテヤマネコの保護活動の拠点として整備された施設です。


 Page Topへ戻る   HOME へ戻る

Copyright (c) 2008.8 yaeyama-zephyr

写真の無断転載・使用を禁じます。利用等をご希望される場合はメールでご連絡下さい。